視線を誘うのは露出度よりも“セクシーポーズ”だった

サイコロジー

 肌の露出が多い格好をした人物、それが特に魅力的な異性であれば思わず視線が誘われてしまうかもしれない。そうした人物からもし性的な興奮を引き起こされた場合、その原因は単純に肌の露出によるものではないことが最近の研究で報告されている。我々は単純に裸に興奮しているわけではないのだ。

■興奮を誘うのは肌の露出よりも“セクシーポーズ”

 主に女性の身体を性的な“モノ”として認識する性的対象化(Sexual objectification)が社会の根深い問題として盛んに議論されている。

 性的暴行事件はもちろん犯罪だが、決まってあがってくる声に「そんな(露出過多な)格好をしていたからだ」と被害者の非を責める紋切り型の言い分がある。しかしそれはサイエンス的にも正しくないようだ。

 ベルギー・ブリュッセル自由大学の研究チームが2018年6月に「Personality and Social Psychology Bulletin」で発表した研究では、実験を通じて人物の肌の露出とセクシャルなポーズのどちらが性的対象化に結びついているのかを探っている。

 我々は人の顔を含む容姿を目撃すると、N170と呼ばれる脳波が出現するのだが、不思議なことその人物を上下逆さまにした映像ではこのN170は発生しなくなる。つまり上下逆さまの人物と顔を見てもそれが人間だとは思えないのである。そしてもし、上下逆さまにしてもN170の値が変わらないとすれば、その人物は人格を持った人間というよりも“モノ”として見られていることにもなる。

 研究チームは21人の男女(平均年齢22歳)にさまざまな肌の露出具合とポーズの一連の人物の写真を見せて脳波を計測した。写真の人物が直立不動の姿勢では服を着ていても水着のような格好であっても、それを見た参加者の脳波に特に違いは見られなかった。つまり肌の露出が性的対象化を引き起こしているわけではないことになる。

 次に参加者はさまざまなポーズを取っている人物の写真を見せられたのだが、いわゆる“セクシーポーズ”を取っている人物の写真は服を着ていても水着や下着でも、写真を逆さまにした際に脳波が変わらなかったのだ。これはこの人物を人間というよりは“モノ”として見ていることになる。我々が性的興奮をおぼえるのは露出ファッションではなく、“セクシーポーズ”にあったのだ。

 ある種の水着グラビアなどは、肌の露出とセクシーポーズが組み合わされて見る者に訴えかけているが、重要なのは露出度よりもポーズであるということにもなる。我々が考えている以上にボディランゲージは多くを語っていることにもなりそうだ。

■男性の“スケベ目線”は女性をモノとして見ている

 男性が女性を性的対象として眺める“スケベ目線”を最新のアイトラッキング技術で追跡した研究も報告されている。男性の“スケベ目線”とは、女性の顔よりも性的なボディーパーツを長く凝視する視線であったのだ。

 イスラエル・テルアビブ大学の研究チームが2018年11月に学術ジャーナル「Sex Roles」で発表した研究では、実験に参加した男子大学生たちが一連の女性の写真のどこを見ているのか、その視線の動きをアイトラッキング技術で追跡すると共に、男性の性的対象化の程度を測る「Men’s Objectification of Women」を課した。

 同テストの内容は例えば、

「魅力的な女性は面白い話をする必要はない」
「目が合った女性はいつもニッコリ微笑む」
「女性のストリップショーを見るのが好きだ」
「女性の容姿についてコメントするのは普通のことである」

 というステートメントにイエスかノーで答えるものであった。

 実験には61人(平均年齢26歳)のイスラエル人男子大学生が参加したのだが、性的対象化の程度が高い者ほど、写真の女性の顔よりも胸や腰などの性的なボディパーツを見ている時間が長いことが突き止められた。つまり“スケベ目線”とは女性のボディパーツを眺める視線であったのだ。

 女性の多くはこうした男性の“スケベ目線”に不快にさせられ居心地の悪さを感じるというが、それもそのはずでこの“スケベ目線”は人間としての人格は二の次にして女性を“モノ”として見ているからなのである。

“スケベ目線”の男性とはソーシャルな交流が望むべくもないどころか、交流したい気持ちにもならないだろうが、場合によっては衝動的な痴漢や性的暴行に及ぶ可能性もある。コミュニケーションを成立させられないので、その欲望は衝動的なものになるのだ。

 女性はこうした“スケベ目線”にいち早く気づいて警戒しなければならないのであれば社会の一員として残念な限りだが、21世紀の今の社会にあっても現実に存在するリスクであることも事実だ。

■女子大生の“ドランクオレキシア”に警鐘

 女性の性的対象化について、気になるムーブメントがあるようだ。飲み会に“空きっ腹”で参加する若い女性が増えているという。そしてこうした女性は性的対象化されやすいというのである。

「ドランク=酔っぱらい」と「アノレキシア=拒食症」を合体させてできた新語が“ドランクオレキシア(drunkorexia)”で、主に体型を気にする若い女性が、それでもアルコールを伴うパーティーには参加したいがために当日は食事を抜いて参加するというムーブメントを指している。

 ジョージ・ワシントン大学の研究チームが2017年に「Women & Health」で発表した研究では、263人の女子大生と147人の男子大生にインタビューを行い、性的対象化とドランクオレキシアの実態を探っている。

 インタビューで出された質問は例えば「(パーティーで)対面した人物が自分の話をを聞いているのではなく、自分の身体や身体の一部を見つめていることにどのくらいの頻度で気づきますか」という質問などがあり、性的対象化にどれほど自覚的で、かつ影響を受けているのかが計測できるものになっている。

 回答データを分析したところ、性的対象化のレベルが高い女子大生にドランクオレキシアの習慣がある強い傾向が浮き彫りになった。一方で男子大生にはこの傾向は見られなかった。

 2010年の研究では飲み会の前に男子学生の29%、女子学生の45%が食事を控えていることが示されているのだが、男子大生の場合はその動機は主に早く酔うためで、一方で女子学生の場合は体型の維持がその主な動機であった。そしてこのドランクオレキシアによって、男子学生の場合はケンカを起こしやすくなり、女子学生の場合は不用意なケガや不適切なセックスに繋がりやすくなるということだ。

 女子大生の性的対象化のレベルとドランクオレキシアには今のところあくまでも関係性が認められるだけではあるが、研究チームはこのドランクオレキシアのムーブメントは無用心なセックスに繋がると共に女子大生の健康を脅かすものとして警鐘を鳴らしている。女性の性的対象化が若い大学生の“パーティー文化”ですでに醸成されているのだとすればやはり根深い問題と言えるのだろう。

参考:「SAGE Journals」、「APA Psycnet」、「Taylor & Francis Online」ほか

文=仲田しんじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました