“不倫問題”が存在しないカップルの関係とは?

海外の話題

 昨今、週刊誌やワイドショーで有名人の“不倫”の話題が続いているが、海外ではモノガミー(排他的交際)かポリアモリー(自由交際)かという議論が起っていて、一夫一婦制の根拠となるモノガミーが今、その立場を揺るがされているという。

■開かれた関係のカップルであるCNMとは?

 ごく一部の例外はあるものの、人類のほとんどの文明社会では一夫一婦制であるモノガミーの原則で家族と社会が構成されている。そしてこれまでモノガミーの価値観があまりにも浸透しているため、今までのモノガミーとポリアモリーの研究は初めから偏見を持ち込んだものになっていると指摘する研究者が出てきている。

 そして今日の家庭内パワハラや高い離婚率の問題を鑑みると、カップル間の関係は開かれたポリアモリーであったほうが健全な関係が続けられるのではないかという新たな視点が注目されている。つまりカップルの関係でありながらも、それぞれが自由に他の人々とも交際できるという関係だ。

 米・ボールステイト大学のジャスティン・レミリア氏をはじめとすす研究チームはオンラインで3530人の参加者に第1優先のパートナーと2番目のパートナーについての親密度、コミュニケーション、仲間意識、魅力について質問をした。

 収集したデータを分析したところ、ポリアモリーな人々のパートナーは相手の2次的な交際を受け入れるだけでなく、ポリアモリーであることで最優先のパートナーとの関係がより良くなったと考えていることが分かったのだ。つまり、“不倫”(もちろんポリアモリーにとっては不倫と定義されるものではないが)をしていたほうがメインのパートナーとの関係が強固になっているというのである。

 やや一筋縄ではいかないかもしれないが、これを説明するひとつの専門用語がクーリッジ効果(Coolidge effect)だ。

 カップルも関係が長く続くほどにいわゆる“マンネリ”になることは往々にして起り得ることだろう。クーリッジ効果はこうした時期に別の“恋人”ができることで性的欲求が回復することを指す。これによってメインのカップルの間の性的関係も好影響を及ぼすという説明だ。

 こうしたポリアモリーの人々が増えれば、もはや“不倫”が問題視されることも少なくなり、夫婦間のパワハラや離婚も減りそうだとするならば、確かに新たな可能性を拓くカップルの関係性になるのかもしれない。そしてこのカップルの関係性はCNM(consensual non-monogamy、合意に基づいた自由交際)と名づけられている。

■CNMの5つの利点

 いわゆるLGBTへの理解と権利保護が世界的に推進されている昨今だが、カップルの関係性においてCNMもまたひとつのオルタナティブになることが指摘されている。そこで夫との間にCNMを関係を築いているジャッキー・メルフィ氏がCNMの5つの利点を解説している。

1.嫉妬がない
 ある研究によれば、CNMカップルには嫉妬心か少なく伝統的なモノガミーのカップルよりも高い満足感を得ているということだ。どうして嫉妬心が少なく、満足感が高いのか? それは彼らがカップル外交際を認めていることに起因しているという。

 そしてCNMカップルはお互いのスマホの電話帳やメールをチェックしたりせず、ジェンダー区別意識も低いということである。

2.信頼できる
 CNMカップルの関係は強い信頼関係で結ばれている。逆に言えば強い結びつきがなければ他の交際関係と変らないものになってしまうからだ。

 モノガミーから見れば複数のセックスフレンドを持つCNMは一見、八方美人的で信用できない人間に見えるが、現状の制度に守られていない関係であることもあり実は強く結ばれているのだ。

3.パワハラ、DVがない
 カップルや夫婦間のパワハラやDVが社会問題になっているが、これはカップルが閉じた関係にあることに起因しているといわれている。CNMは外に開かれた関係であるので、構造的にパワハラやDVが起る余地がない。

 そしてそもそも虐待をする人物はCNMになりようがない(CNM関係に耐えられない)ので、この点でCNMは実に健全なカップル関係であると言える。

4.ネットワークに繋がっている
 モノガミーのカップルにありがちなのがお互いを束縛しあう関係がある。盛り上がっている時期であれば問題ないとも言えるが、常に一緒にいようとすることはお互いのメンタルに悪影響を及ぼすリスクをはらんでいることが心理学研究から指摘されている。これは2人の関係がどんどん閉鎖的になることによって悪化し最悪は離婚に繋がる。

 一方で多くの人々との交流を認め合っているCNMは、人々との繋がりの輪に自然に溶け込め、何かあったときにお互いをサポートできるネットワークを持ちやすくなる。

5.“離婚”が深刻な問題にならない
 もちろんCNMカップルにもお互いの溝が埋まらなかったり、相性が合わなかったりして“破局”が訪れることもある。しかしそれはメインの相手を変えることであり、CNM同士なら別れても交際を続けることは可能である。したがってモノガミーのカップルと異なり“離婚”が深刻な問題にならないのだ。

 こうしてみると良いことばかりのように思えるCNMの関係だが、もちろんそこには強い自覚が必要されているのだろう。オルタナティブなカップルの関係として今後ますますCNMは注目を集めるのかもしれない。

参考:「PLOS ONE」、「Huffington Post」ほか

文=仲田しんじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました